おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

2歳育児

子どもが5歳になるまではブドウもミニトマトも1/4に切ることにします

お子さんがシャインマスカットまるごと一粒をほおばった可愛らしい写真をTwitterに投稿された方がいて、「窒息の危険が」と多くの人が指摘する展開になっています。 (これ以上炎上させたくはないので元のTweetは引用しません) これをきっかけに、日本小児…

もし私が子連れ客をターゲットに集客するなら

私の理想の「子連れ客のための施設」 子どもの寝かしつけをしながらぼんやり妄想しました。 もし私が子連れ客をたくさん呼びたい施設の運営を任されたら(妄想)・アンパンマンのジュース自販機の中には甘いジュースだけではなく麦茶もいれる・パン屋さんで…

10~15㎝のすき間には気を付けたほうが良いという話(子どもが頭を挟んで抜けなくなる)

週末に、3歳長男と1歳次男を連れて、墨田川で水上バスに乗りました。とても楽しかったです。 しかし、怖いなと思ったことが2点ありました。 水上バス(船)の上部デッキには落下防止の柵があるのですが、 ①絶妙に狭い部分(子どもが頭を挟んだら抜けなくなり…

音を消せる機能が欲しいという話

子どものおもちゃって、なぜか自動でスリープモードに入る前に大きな音を出す機能がついているものが多くないですか? 市販のおもちゃも、ベネッセのおもちゃも。 なぜかスリープモードに入る前にアピールしてくるおもちゃ達 例えばこのアンパンマンのおしゃ…

東大脳を育てる3歳までの習慣

東大卒ママの会 著『「東大脳」を育てる3歳までの習慣』を読みました。 昨日発売されたばかりの新しい本です。 初めて「本の紹介を依頼されて」紹介します 実はこの本の著者である「東大卒ママの会」には私の友人が参加しており、彼女から本の紹介を依頼され…

「ちょっと待って」の代わりに「いいよ、10秒数えて」と言うようにしています

子どもには個人差があるのですべての子どもに通用する方法はないと思いますが、「我が家で試してうまくいっている方法」のご紹介です。 「ちょっと待って」を言わないようにしています 子どもが外に遊びに行きたいときや絵本を読んでほしいとき、こちらも手…

乳幼児連れ家族が参加しやすいイベント開催のポイント3つ

もしあなたが週末になにかイベントを開催しようとしていて、「乳幼児連れ家族にたくさん参加してほしい!」と思った時に、ちょっとだけ気にしてほしいポイント3つです。 最近、某イベントの主催者の方におせっかいながらアドバイスをして大変感謝されたので…

2歳長男、1歳次男、31歳母が次々にインフルエンザに感染しました

12月19日(木)深夜、2歳長男39.3℃の発熱→嘔吐 12月20日(金)朝、1歳次男38.0℃の発熱 →長男、次男ともに小児科でインフルエンザ(A型)陽性 12月21日(土)昼、私が37.5℃の発熱 →念のため受診したところ、インフルエンザ(A型)陽性 そして12月22日現在、長…

電車に忘れ物をしたら、まず足元を見てほしい

結論から書きます。 もし電車に忘れ物をしたことに気づいたら、慌てて駅員室に行く前に、「今自分が乗っていたのは何号車で、忘れ物はどのあたりにあるのか」確認することを強くオススメします。 確認しておくべき情報 ・何号車なのか:東京メトロだと、プラ…

鉄道博物館に0歳と2歳を連れて行ってきました

私はあまり鉄道に関心が高くなかったのですが、夫が「長男が喜ぶはず」というので重い腰をあげて鉄道博物館に行ってきました。 行ってみたら結構楽しかったです。 公式サイト:鉄道博物館 - THE RAILWAY MUSEUM - 1.事前準備 入館料は大人1,330円、2歳以下…

1歳半でお兄ちゃんになった長男の話

長男(2017年3月生まれ)は、2018年11月に次男が誕生したことによって、1歳半でお兄ちゃんになりました。 年子育児はどう?といろんな人に聞かれるので、ここまでの記録を書いておきます。 妊娠発覚から、次男が10ヵ月になるまでをざっくり振り返ります。 目…

子どもの脳を傷つける親たち

友田明美著『子どもの脳を傷つける親たち』を読みました。 耳の痛いことが多かったです。。 著者は子どもの発達に関する臨床研究を30年近くつづけてきた小児精神科医で、この本の内容紹介にはこのように書いてあります。 「子どもの前での夫婦喧嘩」、「心な…

子どもの言葉遣いに悩み始めた話

2歳長男が、よく話すようになってきました。 「今日は〇〇くんと電車であそんだよ」など保育園であったことを教えてくれたり、「おはよう」「あがらとう(ありがとう)」「せんせい、さようなら」など、挨拶も上手に(自発的に)言えるようになってきました。 …

イヤイヤ期の2歳児との入浴ストレスを軽減する工夫2(シャワー&バスマット)

「イヤイヤ期の2歳児との入浴ストレスを軽減する工夫」の続きです。 おもちゃ以外の工夫についてです。 お風呂で使うおもちゃについては下記の記事をご覧ください。 www.shiratamaotama.com 目次 シャワー使い放題を許した シャワーの水道代・ガス代 バスマ…

イヤイヤ期の2歳児との入浴ストレスを軽減する工夫1(おもちゃ)

入浴のストレス(例) リビングにて 私「お風呂はいろう」 2歳長男「はいらない!」 風呂場にて 私「髪の毛洗うよー」 2歳長男「あらわない!」 5分後 私「そろそろお風呂あがろうか」 2歳長男「まだはいるの!」 リビングにて 私「オムツはいてくださーい」…

0歳と2歳と過ごす夏休みの「大失敗」3つ

どうも私はブログには「お勧めしたいこと」つまり「うまくいったこと」だけを書いてしまいがちです。 しかし私の人生は多くの「しまった…やらかした…!」にあふれており、もしかしてこのような失敗談も誰かの役に立つのではないかと思いついたので書いてみま…

子どもが病気のときに在宅勤務することについて

子どもが体調を崩したときにも在宅勤務で対応できる? 先日、在宅勤務のよいところについてのブログ記事で「これはちょっと書き方に慎重になりたいので別記事にします」と書いた件です。 私は「子どもが病気で家にいても在宅勤務で仕事ができる」と単純には…

息子たちにピアノを習わせるかどうか

前のブログに書いた通り、ピアノの小説を読んだことで、急激にピアノ熱が高まってきました。 息子たちにピアノを習わせるかどうか 未定です。 男の子だからピアノは不要、とは思っていません(私の弟もピアノを弾けます)。 音楽は人生を豊かにしてくれると…

子どもを産むまで知らなかったこと

子どもを産むまで知らなかったこと 子どもの可愛さとかそういう話ではなく、日常生活で「いやあこれは知らなかったな…」と思うことについての雑談です。 その1 スーパーやコンビニの通路の真ん中しか歩けない(ことがある) 子どもを産む前、近所のスーパー…

保育園の役員は早いうちに引き受けたほうが良い

ついに役員になってしまった 2歳長男と0歳次男が通う保育園の役員になってしまいました。 私は基本的に「働くために子どもを保育園に預けている」という意識が強く、保育園の行事にたくさん参加したいとは思っていません。役員とかお祭りとか、そういうこと…

子どもの食べ残しは、「感染対策の意味で」食べないのが正解だった

先日のブログに多くのコメントを頂きありがとうございます。 www.shiratamaotama.com もともとこの記事を書く際、「みんなは子どもの食べ残しをちゃんと食べているはずなのに、私は食べずに捨てることにして申し訳ない」という気持ちでブログを公開しました…

本当に申し訳ないんだけど、子どもの食べ残しを食べるのをやめました

タイトルの通りです。本当に申し訳ないんだけど、子どもの食べ残しを食べるのをやめました。理由は下記の通りです。 ・子どもの食べ残しを美味しくないと思ってしまうから ・美味しくないものを食べるのがつらいから 子どもの食べ残しは美味しくない 主に2歳…

「早く寝ないとおばけがくるよ」は言わないことにして、玄米を食べることにした話(読書記録:「原因と結果の経済学」、「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」)

遅ればせながら「原因と結果の経済学」を読みました。 因果関係があるというためには何が必要なのか、綿密にかつ分かりやすく書かれており、大変勉強になりました。 書き出しが面白いのでちょっと引用します。 ・メタボ健診を受けていれば長生きできるのか …

子ども2人を育てる大変さは、平均すると1.2くらいかなと思っている

次男が産まれて半年が経ちました。 子ども2人ってやっぱり大変?とたまに聞かれるので、自分でも色々考えてみましたが、子ども1人を育てる大変さを1とすると、子どもが2人になっても単純に大変さが2倍になるわけではなさそうだな、と感じています。 ときに3…

田植え体験の必需品、キズパワーパッド

保育園の行事で、0歳と2歳を連れて新潟に田植え体験に行ってきました。 田植えの感想 ・水田に足を入れるのは気持ち良い(ぬるぬるの泥に裸足で入ると、ずぶずぶ埋まっていきます。非日常感!) ・田植えそのものは思ったより楽しい(苗を指定通りに泥の中に…

浦島太郎から得るべき教訓はいったい何なのか(ただの雑談)

浦島太郎の歌詞 5番まであります。私は全部歌えるようになりました。 昔昔(むかしむかし)、浦島は助けた亀(かめ)に連れられて、龍宮城(りゅうぐうじょう)へ来て見れば、絵にもかけない美しさ。 乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に、鯛(たい)や比目魚(…

Googleフォトに子どもの写真を全部UPしたら、とんでもない目にあった話

子どもの写真が多すぎる 子どもたちの写真が多すぎてスマホの容量を圧迫するので、ついに重い腰をあげて写真をどこかに移すことにしました。 これまでは「みてね」という写真共有アプリで夫や義両親、義祖父母に子供たちの写真を共有してきていたので、「珠…

大混雑のマザー牧場に0歳と2歳を連れていってきました

0歳と2歳を連れて、マザー牧場に行きました。 10連休のGW、気持ち良い晴天の日です。つまりマザー牧場が一年のうちで最も混雑する時期の、もしかすると最も混雑した日に行きました。 これからマザー牧場に行かれる方の参考になるかもしれないので、一日の流…

読み聞かせされて分かった、読み聞かせのコツ

先日、夫が私に本を読み聞かせてくれました。 状況としては、長男が夫のヒザの上でウトウトしており、その隣で私が次男に授乳しており、夫が手に持っていた本を(長男と私のために)音読してくれたんですが… 読み聞かせされるの、最高 人に本を読み聞かせても…

子どもに甘いものを制限するときに気を付けておきたいこと

下記の記事で書いた「甘いお菓子をあげない方針」に、友人たちから結構反響がありました。 www.shiratamaotama.com ・自分もこの方針で育てられたよ、という人 ・自分も子どもには甘いものをあげていないよ、という人 ・自分もこの方針にしたいのに、祖父母…