おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

このブログについて(あなたに読んでほしい記事はこれです)

ブログに訪問いただきありがとうございます。記事の数が増えてきたので、少しまとめておきます。過去記事のリンクを貼りますので、気になるタイトルがあれば読んでみてください。 目次 妊娠・出産・子育て系の記事 歯の記事 介護の記事 子宮頸がんワクチンの…

ブロードウェイミュージカル”Allegiance”(忠誠)が本当に素晴らしいので是非見てください

Allegianceの舞台を生で見たことがある日本人はきっと少ないはずなので、あえて日本語でこのミュージカルについて熱く語らせてください。 ※allegiance:アリージャンス、忠誠 なぜなら、ついに日本で上演されることが決まったからです。2021年3月!!! うわ…

北京日本人学校の校歌は井上ひさし作詞です

こちらのTweetが話題ですね。 カイロの日本語学校の校歌はすごい。ナイルの川辺 朝霧晴れて今日も見上げる ピラミッド手を取り合って たゆまぬ努力さあ頑張ろう 君と僕みんなのカイロ 日本人学校ナイルの川辺 朝霧晴れて今日も見上げる ピラミッドとかもうね…

子どもが1歳になって初めて知ったこと

ただの雑談です。以前、次男が0歳の頃に「子どもを産むまで知らなかったこと」というブログ記事を書きました。 www.shiratamaotama.com 次男が1歳になり、「そういえば子どもが0歳の頃はこんなこと知らなかったな…」と思うことがいくつかあったので、書いて…

トイレに九九の表を貼りたい話

岩波書店の「科学」2019年7月号のコラムがものすごく面白かったのです。 タイトルは「子どもの算数, なんでそうなる?〈2〉九九表」で、書いたのは谷口隆先生(神戸大学大学院理学研究科数学専攻)。 ちょっと引用します 子どもの算数の「間違い」について、…

乳幼児連れ家族が参加しやすいイベント開催のポイント3つ

もしあなたが週末になにかイベントを開催しようとしていて、「乳幼児連れ家族にたくさん参加してほしい!」と思った時に、ちょっとだけ気にしてほしいポイント3つです。 最近、某イベントの主催者の方におせっかいながらアドバイスをして大変感謝されたので…

娘に、息子に、痴漢についてどう伝えるか

痴漢について2つのブログ記事を書きました 痴漢についての本を読んだことをきっかけに、自分の痴漢被害経験について色々書きました。 本『男が痴漢になる理由』はとてもオススメです。 www.shiratamaotama.com また、痴漢被害についてあまり考えたことがな…

乾物が大好きなあなたに教えたい、乾燥玉ねぎの存在

乾物、美味しいですよね! 切り干し大根、ひじき、干しシイタケ、干しエビ、干し芋、干し柿… 乾物の良いところ ・常温で保存できる ・賞味期限が長い ・栄養価が高い ・美味しい! 今さら私が色々書くまでもなく、乾物を日常使いされている方は多いかと思い…

他人の赤ちゃんに触りたくなった時に少しだけ思い出してほしいこと

先日、朝日新聞にこんな記事が掲載されました。 www.asahi.com 上記は有料記事ですが、朝日新聞のインタビューを受けた小児科医の森戸やすみ先生のTweetに記事のほぼ全文が写っています。 他人の赤ちゃんに突然触って「触るくらいは別に良いかなと思う」「潔…

痴漢について個人的に思い出すこと、思うこと

ひとつ前のブログで、「思い出したくないことをたくさん思い出しました」と書きました。思い出してしまったので、せっかくだから書けるものは書こうかなと思いました。 www.shiratamaotama.com なぜこんなことを書こうと思ったのか このブログ記事の主旨は、…

痴漢は、依存症です。『男が痴漢になる理由』

斉藤章佳著『男が痴漢になる理由』を読みました。著者は男性で、性犯罪・依存症の専門家です。 (痴漢がテーマの本というと「女性が男性を責める本」だと思い込んで読まない人がいそうなので、あえて著者は男性ですと明記してみました。この本は、痴漢加害者…

お父さんたちをひたすら褒める会

ひとつ前のブログ記事に対し、多くの共感の声を頂きました。 www.shiratamaotama.com 特にFacebook上で友人女性たちが「育休をとってくれた私の夫はこんなに素敵」「私の父はこんなに素敵」と褒めたたえているコメントが本当に素敵だったので、よしこれはブ…

育児は「誰でもできること」の集合だけど、ひとりではできないのです

小泉進次郎さんの育休、私は応援します 小泉環境大臣が2週間の育休を取得されるニュース、私は大変喜んでいます。男性の大臣が短期間とはいえ仕事を調整して育児に向き合うことで、きっと今後の日本社会にポジティブな影響を与えてくれるだろうと期待してい…

冷蔵庫の製氷機にBRITAの浄水を使ったらミドリ色のカビが発生した話

タイトルを見て「うわあこの人、頭悪いな…」と思われた方、すいません。我ながらバカなことをしたなと思っています。 タイトルを見て「えっ、どういうこと?」と思われた方へ。自動製氷機に水道水以外の水をいれるとヌメリやカビの原因になるそうですよ! 冷…

我が子の視力を守るために親にできること

近視が世界的に社会問題になっていることを知りました。 私は10代の頃から視力2.0を誇っていたんですが、最近は目を酷使しているためか老化なのか視力の低下を感じています。今は1.5も無いと思います。 そして夫はちょっと近視です。親の視力は子どもに遺伝…

休暇明けのお土産配りに役立つビジネスアイディア:「〇〇土産です」付箋を販売したい

皆さま、良いお正月休みを過ごされたでしょうか?長期休暇明けはいろんなお土産が食べられて楽しいですよね! とっても美味しいお土産を配りました さて、私もお正月休み明けに職場でお土産を配りました。私は美味しいものを食べるのが大好きなので、今回の…

1歳過ぎてもテープタイプのオムツを使っています

このブログは大した内容ではないので、いまパンツタイプで幸せに生活している人は読まなくて良いですよ!テープタイプを買い過ぎちゃって余っていて困っている、どうしよう…という人には役立つ内容だと思います。 義姉に褒められて気づいた私の特技:立った…

うちの母のおもしろ発言まとめ

このお正月に母とよくお喋りしましたが、あまりにおもしろ発言が多いので、これまで数年間の母の面白かった発言をただまとめました。 目次 五つ星レストランは存在しません ロボコップ(映画)は面白いらしいですよ ライオンに演技指導 私の就活中の母の迷言…

なぜ世界のエリートは美意識を鍛え、美術館にいくのか

山口周著『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』を読みました。 そして、ものすごく似ているタイトルの本があったので興味本位でこちらも読みました。岡崎大輔著『なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?』です。 アートが気…

選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

河合香織著『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』を読みました。 その女性は、出生前診断をうけて、「異常なし」と医師から伝えられたが、生まれてきた子はダウン症だった。函館で医者と医院を提訴した彼女に会わなければならない。裁判の過程で…

「母は私に絶対に興味がある」という信頼について

子どものときは、怒りを感じると、たいてい母に聞いてもらった。 (ミシェル・オバマ著『マイ・ストーリー』p37) わかる…!私も学校や通学路で嫌なことがあると、帰宅してすぐに「ちょっとお母さん、聞いてよ!」と1から10まで全部しゃべっていたな、と思い…

2歳長男、1歳次男、31歳母が次々にインフルエンザに感染しました

12月19日(木)深夜、2歳長男39.3℃の発熱→嘔吐 12月20日(金)朝、1歳次男38.0℃の発熱 →長男、次男ともに小児科でインフルエンザ(A型)陽性 12月21日(土)昼、私が37.5℃の発熱 →念のため受診したところ、インフルエンザ(A型)陽性 そして12月22日現在、長…

子どもを保育園で亡くす、ということについて

今年の4月に下記のブログ記事で、「慣らし保育は突然死を予防するためにあったんだ、と初めて知った」と書きました。 www.shiratamaotama.com ある日受け取ったメール それから8ヵ月経った12月に、このブログのお問い合わせフォームからメールを受け取りまし…

電車に忘れ物をしたら、まず足元を見てほしい

結論から書きます。 もし電車に忘れ物をしたことに気づいたら、慌てて駅員室に行く前に、「今自分が乗っていたのは何号車で、忘れ物はどのあたりにあるのか」確認することを強くオススメします。 確認しておくべき情報 ・何号車なのか:東京メトロだと、プラ…

『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』があまりおもしろくなかった

高橋孝雄著『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』を読みました。 2018年に出版されて各種メディアにも取り上げられるなど話題になっているようですが、私にはあんまりおもしろくなかったです。 子どもの早期教育プレッシャーに押しつぶされそうな親には…

先輩ママからのアドバイス:小学校のクラス分けについて

同じ地域に住む先輩ママ(お子さんは既に小学校を卒業)から、大変有用なアドバイスを頂きました。 ほかの地域でも同様なのかは分かりませんが、せっかくなのでブログに書いておきます。 小学校入学前に親がしておくべきこと:クラス分けについての希望をき…

ケーキの切れない非行少年たち

宮口幸治著『ケーキの切れない非行少年たち』を読みました。 さすが話題本だけあって面白くどんどん読み進められてしまうので、通勤電車内であっという間に読み終えてしまったのですが、著者の真摯な書きぶりと大きな問題意識・危機感に胸がいっぱいになり、…

私がしたいことリスト

先日、Amazon欲しいものリストを作ったことによって、「私は何が欲しいんだろう?」と改めて考えるきっかけになりました。(ありがたいことに4人の優しい方から様々なものを贈っていただきました。) さらに「欲しいもの」ではなく「したいこと」もリスト化…

快感回路 -なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのかー

リンデンの『快感回路』を読みました。 副題は「なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか」となっており、人間の快感と依存の仕組みについて科学的に説明しています。 薬物や高カロリー食といった悪癖だけでなく、スポーツ(ランナーズハイ)や慈善活動など…

ストローマグは本当にすぐカビるという話をTEDでプレゼンしたい

ストローマグは本当に本当にすぐカビるので、 ・普段ストローマグを洗う担当をしていない ・たまにストローマグを洗う(かも) という人のために、ものすっごくねちっこいブログを書きました。 なお、私が使っているのはリッチェルのストローマグです。 まさ…