おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

1歳育児

子どもが1歳になって初めて知ったこと

ただの雑談です。以前、次男が0歳の頃に「子どもを産むまで知らなかったこと」というブログ記事を書きました。 www.shiratamaotama.com 次男が1歳になり、「そういえば子どもが0歳の頃はこんなこと知らなかったな…」と思うことがいくつかあったので、書いて…

乳幼児連れ家族が参加しやすいイベント開催のポイント3つ

もしあなたが週末になにかイベントを開催しようとしていて、「乳幼児連れ家族にたくさん参加してほしい!」と思った時に、ちょっとだけ気にしてほしいポイント3つです。 最近、某イベントの主催者の方におせっかいながらアドバイスをして大変感謝されたので…

1歳過ぎてもテープタイプのオムツを使っています

このブログは大した内容ではないので、いまパンツタイプで幸せに生活している人は読まなくて良いですよ!テープタイプを買い過ぎちゃって余っていて困っている、どうしよう…という人には役立つ内容だと思います。 義姉に褒められて気づいた私の特技:立った…

2歳長男、1歳次男、31歳母が次々にインフルエンザに感染しました

12月19日(木)深夜、2歳長男39.3℃の発熱→嘔吐 12月20日(金)朝、1歳次男38.0℃の発熱 →長男、次男ともに小児科でインフルエンザ(A型)陽性 12月21日(土)昼、私が37.5℃の発熱 →念のため受診したところ、インフルエンザ(A型)陽性 そして12月22日現在、長…

子どもを保育園で亡くす、ということについて

今年の4月に下記のブログ記事で、「慣らし保育は突然死を予防するためにあったんだ、と初めて知った」と書きました。 www.shiratamaotama.com ある日受け取ったメール それから8ヵ月経った12月に、このブログのお問い合わせフォームからメールを受け取りまし…

ストローマグは本当にすぐカビるという話をTEDでプレゼンしたい

ストローマグは本当に本当にすぐカビるので、 ・普段ストローマグを洗う担当をしていない ・たまにストローマグを洗う(かも) という人のために、ものすっごくねちっこいブログを書きました。 なお、私が使っているのはリッチェルのストローマグです。 まさ…

1歳半でお兄ちゃんになった長男の話

長男(2017年3月生まれ)は、2018年11月に次男が誕生したことによって、1歳半でお兄ちゃんになりました。 年子育児はどう?といろんな人に聞かれるので、ここまでの記録を書いておきます。 妊娠発覚から、次男が10ヵ月になるまでをざっくり振り返ります。 目…

保活について(長文)

地域によって違うと思うので、どこまで参考になるか分かりませんが、私が保活でしたこと、考えたことを書いておきます。 長男の場合(3月生まれ):生まれてから保育園に申し込み 次男の場合(11月生まれ):生まれる前に保育園の申し込みが必要 保育園の希…

0歳と1歳を連れて飛行機に乗った話と、ANAに御礼メールを送った話

0歳と1歳を連れて飛行機に乗ってきました。目的地は東北の祖母宅です。 羽田空港のANAラウンジのキッズスペースや、機内のオムツ替えシートを紹介します。 羽田空港までの移動 ・0歳児はエルゴ、1歳児はバギー 羽田空港到着 ・バギーは手荷物として機内に持…

1歳長男が鼻にティッシュを詰め込んで、取れなくなった事件

有名な「子育て四訓」にはこうあります。 1.乳児はしっかり 肌を離すな 2.幼児は肌を離せ 手を離すな 3.少年は手を離せ 目を離すな 4.青年は目を離せ 心を離すな 名言ですね。 1歳の長男は「幼児」なので、手を離してはいけないそうですが…なにせ我が家…

保育園に預けることは可哀そうじゃないと納得するまでの話

私の母は、私が小さい頃は専業主婦だったので、私は保育園に通ったことはありません。3歳までずっと家で母と過ごし、3歳から幼稚園に通いました。 母にとっても私にとっても「保育園」というのは遠い存在でした。 そして私が子どもを産んで、(必死で保活し…

子どもに英語の歌を聞かせたいなら、この本はオススメです

この本を買って1年ほど経ちます。1歳の長男が英語の歌を楽しそうに歌うようになりました。(もちろん歌詞は適当です) この本を買った経緯 私はミュージカルが好きなので、車に乗るときはBGMとしてレミゼラブルなどの英語ミュージカルのサウンドトラックCDを…

1歳息子のための本気の英語劇スクリプトを公開します

私は高校・大学時代に英語劇をたしなんでおりまして、英語劇には自信があります。 1歳長男が0歳の頃から、気が向いたときに英語による人形劇を披露してきたのですが、友人たちから大変好評なので、調子に乗って台本を公開します。 ※基本的にいつもアドリブ英…

1歳長男の卒乳に大失敗した末に、私が貧血で倒れた話

断乳と卒乳 一昔前の母乳育児は「断乳」で終了させていたそうですね。おっぱいにカラシを塗ったり、怖い顔を描いたりして、なんとか母乳への執着を断ち切らせる。2002年までは母子手帳にも断乳の記載があったそうです。 それに対して、最近はもう少し優しい…

新幹線に0歳児を連れて乗ったので、授乳室とかトイレとかをひたすら紹介します

1歳10ヵ月の長男と0歳3ヵ月の次男を連れて、新幹線(のぞみ)に乗って、夫の実家に10泊してきました。 赤ちゃん連れで新幹線デビューする方の参考になるかと思い、次男を抱えながらバシバシ写真を撮ってきたので、もりもり紹介します。 ※なお、6歳未満の子ど…

エイデンアンドアネイのおくるみのABCはなんの動物なのか問い合わせました

出産祝いで頂いて以来、自分でも買い足してずっと重宝しているエイデンアンドアネイのおくるみ。私の手元にはいま4枚のおくるみがありますが、そのうち1枚はpaper talesという柄で、ABC…のアルファベットにそれぞれ対応する動物が描かれています。とても可愛…

ワンオペ育児の救世主、災害用のパックご飯

時刻は午前11時半。 そろそろお腹の空く1歳児と0歳児。家に大人は私しかおらず、しかも昼食の用意をまったくしていない。 泣き出す0歳児。これはやばい、今から0歳児のおむつ替えと授乳を始めたら、1歳児の昼ご飯を作れない。 そこで災害の備えとして買って…

乳幼児がいるなら用意しておきたい災害用のグッズ

30年以内に70%の確率で起こるとされるマグニチュード7の首都直下地震。自分が60歳になるまでに一度は大きな地震にあうと思っていたほうが良いな…と思い、自宅の災害備蓄品を見直しました。 特に乳幼児がいると、災害は怖いですよね。我が子を飢えさせるわけ…

1歳息子にゴッホのひまわりの「続き」を描かせてみた

絵画だらけの実家 私の実家を訪れる人がみんなびっくりするのが、家の中が絵画だらけということです。リビングを見渡すと、大きいのだとゴッホのひまわり、ジャンセンのコルサージュ、ビュッフェの闘牛士、あと小さいのがたくさん、壁を埋め尽くす勢いで飾ら…

1歳児の歯医者デビューのコツ(歯医者さん直伝)

2か月前、長男の1歳半検診にて 歯科医「うーん、歯垢が溜まってますねー。お母さんもう少し仕上げ磨き頑張りましょう」 私「泣かれてしまって、なかなかうまくできなくて…。」 歯科医「わたしも2歳の子どもがいますけど、毎晩泣きわめく子どもを足で押さえつ…

夫が育休をとった。夫が「主担当経験者」になった。

飲み会の幹事を一度でも経験した人は、遅刻連絡をちゃんとするようになる(と思う)。 育児の主担当を一度でも経験した人は、「察して動く」ことができるようになる(と思う)。特に育児において「察して動けるかどうか」は男女差で語られることが多いけど、…

赤ちゃんとテレビ問題、授乳中のスマホ問題

上の子については、「赤ちゃんにはテレビを見せてはいけない」気がしていたので、0歳のうちは一切テレビを見せずに育てました。1歳になってから、NHKのえいごであそぼ、もしくはAmazonの英語番組を10分ほど見せています。 下の子が産まれて、さて新生児がい…

子供の喘息・アトピー予防にレイコップを始めたら、お布団が不思議と気持ちよくなることに気づいた話

子供ができるまで、お布団は「お天気の良い日に気が向いたら干す」だけでした。 しかし、 ・どんなお布団にも多少のダニはいる ・子供が産まれたら、今までよりお布団を干す余裕がなくなるかも→ダニが増えるかも? ・ダニは喘息やアトピー性皮膚炎の原因にな…

子供の英語教育:ディズニー英語システムの無料体験をしてみて考えたことなど

ディズニー英語システムの無料体験をしてみました。 ディズニー英語システム(80万円) 簡潔に言うと、いま80万円払って教材を購入し、CDやDVD、おもちゃを使って英語に親しませることで労せずしてネイティヴになれるというシステムです。会員になると、定期…

ECCの先生になる試験に満点合格した

息子に自分で英語を教える野望を胸に、ECCの先生になる試験を受けたら満点合格してしまいました。 ※せっかく育休中だから、ECCの先生の説明会に行ってみよう…何か幼児の英語学習のヒントがあるかもしれないし…と思って行ってみたら、もれなく筆記試験と面接…

子供と寝る寝室の蚊対策

家に赤ちゃんがいると薬剤で蚊を退治する製品は使いたくなくて悩んでいましたが、ついに蚊との闘いに終止符を打つ買い物をしました。 蚊取リーヌ 蚊取りラケットという商品だそうですが、こんな人にお勧めです。 ・薬剤を使いたくない ・手で叩くと逃げられ…