おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

おそろい服の効用

私は2人目の子どもが男の子だと分かった頃に「男兄弟なら、洋服は上の子のお下がりで済んで安上がりだな」と思っていたのですが、 大間違いでした。

おそろい服という課金沼が存在していました。

 

おそろい服を着せるようになって1年以上経つので、そろそろ「おそろい服の効用」について語らせてください。

ちなみに最近の若い人は「おそろい服」ではなく「リンクコーデ」などとお呼びになるようですが、私は昭和生まれなので「ペアルック」と言いたくなります。このブログ内では「おそろい服」で統一しますが、完全なるおそろい服だけでなく、色違いのおそろい服や、柄違い(同じメーカーで、雰囲気がそろっている服)も含めてざっくりと「おそろい服」と呼んでいます。

 

目次

 

兄弟おそろい服の効用

とにかく可愛い(一番大事)

可愛いんですよ。とにかく。兄弟おそろい服。

f:id:shiratamaotama:20200929101241j:image

 

私のスマホは、息子たちのおそろい服でいっぱいです。

※個人情報保護のために(?)写真を加工しています

※さらにこれらの写真はすべて半年~1年以上前の写真です。もうサイズアウトしたので、今後これらの服を着せることはありません

f:id:shiratamaotama:20200928134702j:image

まだあります。

f:id:shiratamaotama:20200928134711j:image

可愛いんですよ。とにかく。兄弟おそろい服。

声を大にして言いますが、「子どもが可愛い」と思えることの効用はすごいです。

育児の主担当をしていると、疲労やストレスで子どもが可愛くない瞬間は存在するじゃないですか。そんなときにおそろい服による可愛さで、ちょっとだけ救われたりするんですよね。 

育児の主担当者が「子どもが可愛い」と思えるという一点だけでも、おそろい服の購入は全く無駄遣いではないと信じています。 

完全なおそろいも可愛いし、色合いをそろえたり、おそろいだけど色違いだったり、色んな組み合わせがありますよね。全部可愛いです。

 

あ、パジャマもおそろいにしておくとすっごく癒されます。

子ども2人が同じ寝相で寝ていたり、仲良くくっついて寝ていたりするときについつい写真を撮るじゃないですか。普通のパジャマでも当然可愛いですけど、おそろいだと尋常でなく可愛いですね。

最近、ユニクロが出してくれたトーマスのパジャマは最高に可愛いです。サイズが110までしかないので、是非とも是非とも来年の我が家のために120と130もお願いしたいです…。ユニクロ様…。 

 

兄弟だと分かりやすい(迷子防止)

家族で外出しているときに、息子たちがおそろいの服を着ていることで他所の方から「ああ、あの子たちは兄弟なんだな」とわかってもらえることのメリットをたまに感じます。

エスカレーターで割り込まれないとか小さいことですけどね。

3歳長男は大人しいのであまり勝手にどこかに行くことはありませんが、2歳次男は好奇心旺盛なので、これから動きが早くなってくると後を追うのは大変そうです。そんなとき、おそろい服を息子たちが着ていることで迷子防止の効果(周囲の人がなんとなく兄弟を認識してくれている、見失ったときに「これと同じ服を着ている子なんです」と説明しやすい、など)もあるのではないかと思っています。

そんな場面がないことを祈りますが…。

 

服の取り合い防止

息子たちは年子なので、服を共有することが可能です。基本的に3歳長男は110、2歳次男は90のサイズを着ていますが、長男が次男の服を着ることは(ちょっとキツイけど)可能だし、次男が長男の服を着ることも(ちょっとゆるいけど)可能です。

そうすると、気に入ったデザインの服が1枚しかないと、服の取り合いになることがあります。このトーマスの服は僕が着たいんだ、いやいや僕も着たいんだ、という感じです。

はい、もうめんどくさいのでおそろいにしましょう。息子たちが好きそうなお洋服は同じデザインを買いましょう。

こうしておそろい服が増えていきます。

まあケンカの種を予防しておくのは、私のストレス軽減のためには大事です。

 

おまけ:父と子のおそろい服の効用

誘拐犯と間違われない

下記の記事を読んで、「そうか、父と子、という組み合わせだとおそろい服を着ておくメリットがこんなところにもあるのか」と初めて知りました。

2歳の娘さんと新幹線に乗っていた父親が誘拐犯と間違われて通報されたとのこと。

「今日はお休み?」父子だと警戒される育児 「イクメン」に注ぐ視線

一方、犬山さんのもとには「父子で行動するときは疑われないように、なるべく子どもとおそろいの服を着るようにしている」という男性からの声も届いたそうです。

(上記記事より引用)

 

夫は恥ずかしがり屋なのであまり子どもたちとのおそろい服を積極的に着てくれませんが、私が「今日はこういう青系の服で願います」「トップスを白で、下はジーンズで」などと依頼すれば、なんとなく息子たちとおそろい風にすることは可能です。

おそろい服を着ている父子3人を見るのはなかなか良い気分です。

 

まとめ

というわけで、子どもたちのおそろい服の効用には下記のようなものがありそうです。

・とにかく可愛い

・兄弟だと分かりやすい(迷子防止)

・服の取り合い防止

(・父と子のおそろい服の効用:誘拐犯と間違われない)

 

息子たちは今のところおそろい服を楽しんでくれているようですが、いつかそれぞれの好みが出てきて、おそろい服を着てくれない日が来るのでしょう。

その日が来るまでは、積極的におそろい服を取り入れていきたいなと思っています。

 

 

【合わせて読みたい】

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com