おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

3歳育児

ブランコをこぐ息子の背中をみながら、高みを目指せと念じる

3歳長男が、ブランコを自分でこげるようになってきました。今までは私や夫に背中を押してもらっていましたが、足を動かすとブランコのふり幅が大きくなることに気付きつつあるようです。 子どもの成長は嬉しいような寂しいような…という感じですね。 長男の…

3歳長男にはできるけど1歳次男にはできないこと

子どもの成長ってあっという間ですよね。1歳次男のおかげで「そういえば3歳長男はいつの間にこれができるようになったんだろう」と気づかされることが増えました。 コロナ禍の自宅保育で子どもたちの成長ぶりを実感したので、3歳1ヵ月の長男と、1歳6ヶ月の次…

親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる

友田明美著『親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる』を読みました。 大反響を得た『子どもの脳を傷つける親たち』の第2弾。脳研究に携わる小児精神科医である著者が、本作では「親の脳とこころ」に焦点をあてていく。子どもの脳を傷つけ、健全な発達を阻むマ…

「ちょっと待って」の代わりに「いいよ、10秒数えて」と言うようにしています

子どもには個人差があるのですべての子どもに通用する方法はないと思いますが、「我が家で試してうまくいっている方法」のご紹介です。 「ちょっと待って」を言わないようにしています 子どもが外に遊びに行きたいときや絵本を読んでほしいとき、こちらも手…

コロナ虐待の懸念から、自宅保育要請が緩和されていく?

※このブログには特に結論がありません。しかも長いです。まさしくただの日記です。 自宅保育の長期化で、各自治体が保育園の受け入れを広げるなど対応を開始 NHKでこんなニュースがありました。 ・保育園の休園や登園自粛に伴い、東京23区の多くでは登園して…

議員への要望を送ってみました。子育て支援施設の一部開館のお願い。

子育て支援施設が閉鎖されたまま6月末まで自宅保育するのはとても厳しい 私の住んでいる地域では、新型コロナウイルス対応のため、児童館、図書館、子育て支援センターなどの子育て支援施設が閉鎖され、一部公園の利用も制限されています。(※図書館は広義の…

コロナ虐待の当事者になるのではないかと不安

自宅保育が長期化する可能性 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、東京都練馬区などでは6月末までの保育園登園自粛要請を決めたそうです。 保育園の登園自粛要請 練馬区、6月末まで延長 新型コロナ「収束、見通せず」 - 毎日新聞 一応わたしはこのブログを…

長男が3歳になりました。賢くて優しくて筋肉の発達した子です。

長男が3歳になりました。すくすく育ってくれて嬉しい限りです。 先日、保育園の個人面談で長男をべた褒めされ、さらにデパートの靴売り場で長男をべた褒めされたので、自慢&備忘録として書きました。うちの長男は賢くて優しくて筋肉の発達した素晴らしい子…