おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

小1の壁に向けて

我が家の長男が小学1年生になるのは2023年の4月です。

最近、周囲でも小学生のお子さんを育てている方のリアルな声を聴くようになったので、参考にしたいことをとりあえずメモっておきました。随時更新すると思います。

 

小1の壁とは

有名なので改めて書く必要もないかもしれませんが。子どもが小学生になることで、保育園時代と同じような働き方ができなくなり、(特に母親が)仕事を継続するのが困難になることを「小1の壁」と呼ぶそうです。

前提として、

・保育園は働く親のための施設なので、働く親への配慮が多いし、夜まで預かってくれる

・小学校はまだまだ母親が専業主婦である前提のところが多い(らしい)し、授業は昼に終わってしまう。小学1年生だと13時~14時に授業が終わる。

→小学1年生で、特に保育園出身者は「仕事との両立ムリ!」と悲鳴をあげることになる(らしい)。これで退職する母親もいる(らしい)。

 

また、子どもも小学校入学で生活が大きく変わり、精神的に負担がかかるので、特に小学1年生の初めの時期は子供の様子に気を配る必要がある(そうです)。単純に、14時に授業が終わったら18時まで学童に居てね!とはいかないようです。

 

私はできれば仕事を続けていきたいので、事前に準備しておけることは準備しておこうと思い、なんと長男が2歳なのにこんなメモを取り始めてしまいました。気が早いですね。

 

準備しておきたいこと

※2023年時点で今の地域に住み続け、今の会社で働き続けているという前提

・小学校1年間のスケジュール確認

どのような行事があり、平日に休まないといけないのはいつ頃なのか、会社の繁忙期とどう調整するか、など

・家にいてあげたい日の確認

始業式、終業式など、子どもにとって「ちょっと緊張する日」は家にいてあげたいなと思います。あとは理想的には夏休み期間は週に1日くらいは有給か在宅勤務にするなど、家にいる時間をとりたいと思っています。早めに有給休暇申請するなり在宅勤務日にするなりして、仕事の調整をしておきたいです。

・学童や夏休み中の課外活動の確認

特に夏休み中、子どもをどうするかは悩ましいところ。可能なら、前年度までに近隣でどのような学童やプログラムが実施されているのか確認し、見学ができるものはしておきたいな…できるかな…。民間学童だと1年前に予約が必要なものもあるとか。

・備品のストック

トイレットペーパーの芯など工作に使うものを「明日持ってくるように」と言われても焦らないように少し溜めておく。ノートや鉛筆など文房具は少し多めに買って家にストックしておく。上履きも予備があると安心(らしい)。

・頼れる同級生を探す

同じ学年の子どもで、ちゃんとプリントなど持ち帰ってきそうな「しっかりした子」の親と仲良くなり、できればLINEでいつでも連絡できるような関係になる。もちろん自分の子どもが「しっかりした子」になれればベストだが…。

同じ保育園の子が同じ小学校に進学してくれると、親同士は既に連絡取りあう仲なので安心ですけどね。

 

小学校入学に合わせて3人目を産むという裏ワザ

ちなみに「小1の壁に合わせて第二子/第三子の育休を取得する」という裏ワザがあるようです。そうすると子どもが小学校入学でストレスのかかる時期にずっと家にいられますね。

我が家は今のところ3人目の予定がないのでこの裏ワザは使えなさそうですが、言われてみればなかなか賢い方法だなと思います。まぁ新生児育児はなかなか大変だし年を取ってからの夜泣き対応はきつそうなので、単純にオススメはできないですが…。小学校入学の4月に、2人目/3人目が新生児期を脱して生後3~4か月くらいだと楽なのかなぁと思います。

一応情報共有まで。

 

あとは、以前ブログに書いた通り、小学校のPTA役員も早めに引き受けようと思います。

www.shiratamaotama.com