おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

妊活前にしておきたいこと3つ

突然ですが近いうちに妊娠の可能性がある女性には下記3つをオススメします。
・葉酸サプリ
・鉄分補給
・風疹抗体検査

これ、昔、私が新婚だった頃に女性の先輩から言われたんです。「おたまちゃん、妊娠考えてるなら今すぐ葉酸・鉄分・風疹抗体検査だよ!」と。特に葉酸と風疹抗体は、妊娠してから不足に気付いても手遅れ(になるかもしれない)です。
 

葉酸について

妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉塞障害という先天性の障害になる確率が上がります。食べ物からも葉酸は摂取できるんだけど、吸収率が低いこともあってサプリでの摂取を厚労省が奨励してます。妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの毎日適量接種が重要。
ちなみに葉酸サプリを検索すると、やたら高価なサプリ(4000円くらい)をオススメするアフィリエイトのウェブサイトがいっぱい出てくるけど、普通に大手のメーカーが出してる葉酸サプリ(ドラッグストアで数百円で売ってる)で充分だと産婦人科医が言ってました。
 

鉄分補給について

妊娠中は赤ちゃんを育てるために血液量が2倍になるそうです。私の友人たちも、妊娠中・産後に重度の貧血になる人がたくさんいました。鉄分補給、大事です!
私は妊娠前は献血ついでに血液検査を受けており、特に貧血ではなかったので、鉄分サプリは飲まず、食事で意識的に鉄分をとるようにしていました。
 

風疹について

妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんが先天性風疹症候群(先天性心疾患、難聴、白内障など)という病気になることがあります。防ぐためには、妊娠前に風疹抗体検査(無料)を受け、抗体が不足していたら予防接種(3000円くらい)を受けておくことが大事です。

また、風疹抗体が足りなくて風疹の予防接種を受けた場合、その後2ヶ月間は避妊が必要です。妊娠中は風疹の予防接種はできません。

あ、男性も風疹抗体検査オススメします!自治体によっては「妊娠を希望してる女性のパートナー」は検査無料です。来年度からは検査は全額公費負担。
みんなが予防接種するのが一番のパンデミック対策らしいですよ!

 

性教育ってこういう情報提供も必要なんじゃないかと思うんですが、少なくとも私は全然知らなかったです。さっきまで「鏡は横にひび割れて」という小説を読んでいて、先天性風疹症候群の怖さを思い出したので突然ですが投稿しました。