おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んだ。日本に産まれて良かったと思った。

2016年に韓国で出版されてベストセラーになり、大炎上して社会現象にまでなっている『82年生まれ、キム・ジヨン』という小説を読みました。韓国では全国会議員に配られたそうですね。

 

主人公キム・ジヨンは1982年生まれの女性で、結婚して娘がひとりいます。ある事件をきっかけに精神を病んでしまい、精神科医の診察を受けることになりますが、この小説は、その医師が書いたカルテという形をとっています。

 

これはキム・ジヨンのセリフ。

死ぬほど痛い思いをして赤ちゃん産んで、私の生活も、仕事も、夢も捨てて、自分の人生や私自身のことはほったらかして子どもを育ててるのに、虫だって。害虫なんだって。私、どうすればいい?

(『82年生まれ、キム・ジヨン』p159より引用 

 

韓国ではネットスラングから生まれた「マムチュン」という侮辱的な言葉があるそうです。日本語にすると「ママ虫」、母親を害虫のように表現する言葉です。

この小説を読んでいると、韓国で女性として、母親として生きることの辛さが我がことのように感じられます。一番衝撃的だったのは、キム・ジヨンの母親が、3人目の子どもが女の子だと分かって泣きながら中絶するところ。この中絶は1980年代の出来事で、実際、韓国では女児の堕胎があまりに増えたために1990年代の初めには性比のアンバランスが頂点に達したそうです。

私は1988年生まれなんですが、私と同い年の韓国の女の子たちが、「女の子である」という理由で堕胎されていたということを初めて知りました。それだけでも私は日本に産まれて幸運だったと思いました。

 

そういう意味では、韓国は日本以上に最近まで男尊女卑的な考えが残っているのかもしれません。キム・ジヨンの同世代の(=ほぼ私と同世代の)女性たちですら、自分の子どもの性別が息子だと堂々とし、娘だと「気が重くなる」と書かれています。びっくり。。

また、男性の賃金を100とすると、OECDの平均では女性の賃金は84、韓国の女性の賃金は63とのこと。この本で引用されているデータは2014年なので、今OECDの最新データを見てみたら、2017年のOECD平均は86、韓国65、日本75ですね。なお、英国の『エコノミスト』によると、韓国は「最も女性が働きづらい国」だそうです。

 

一方で、日本よりも韓国のほうが社会の変化も早いのかなと思わされる部分もあります。2013年から保育園が無償化されるなど、働く女性への支援も増えているようです。

巻末の解説では日本の東京医大の入試差別事件に触れられていて、「韓国なら即座に二万人の集会が開かれているだろう」と書かれています。確かに韓国では女性はまだまだ息苦しいけど、その息苦しさをこうして言語化し、声を上げていく力強さも感じます。

 

私が大学生の頃、米国で2か月ほど韓国・中国の大学生とルームシェアする機会がありました。そのとき韓国の学生たちに教えてもらったのが、「韓国では男は兵役で数年を、女は妊娠で数年を使う。公平でしょう?」という考え方でした。※韓国内でもこの考え方は賛否あるそうです

カルチャーショックを受けましたが、兵役制度が日常に染み付いている韓国ならではの考え方だなと思いました。

この本を読んでいると、そうした韓国社会の「常識」(例:結婚しても苗字は変わらない、チョンセという独特の賃貸方式、墓参りなどの習慣)も知ることができて、とても勉強になりました。

f:id:shiratamaotama:20190209122701j:plain

この表紙は、あえてキム・ジヨンの顔を書かないことで、これが誰かひとりではなく韓国の女性みんなに起きている問題だということを表しているのかなと思います。

なお、右下においたのは"The 7 Habits of Highly Effective People"。韓国人の友人(女性)が、「これ面白いから是非読んで!」といって私にくれた本です。韓国の友人たちは男女問わずみんな努力家で優しくて、良い人ばかりです。

 

隣国のベストセラー、読んで良かったなと思います。ネタバレしたくないので詳しくは書きませんが、終わり方がなんとも後味悪いというか、この問題の根深さを象徴しているというか…。

2時間ちょっとで読めるので、関心ある方は是非読んでみてください。