おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

マイナポイント5000円分は、15歳未満の子どもの分は保護者名義でもらえますよという話(家族4人で合計2万円分)

2020年7月1日から、マイナポイントの受付が開始されました。 

Tweetしたところちょっと質問がきたりしたので、ブログにも書いておくことにしました。スマホ一台で家族全員分のマイナポイント予約手続きが済みますよ!

 

マイナポイント、大事なところ

・2020年9月1日~2021年3月31日の期間の買い物・チャージにポイントがつく

→つまり、いま急いでチャージしてもポイント対象外です。焦らないで!

・2万円のチャージか決済をすることで「ひとり最大5000ポイント」もらえる。未成年の子どももポイントがもらえる

→4人家族なら合計2万円分のポイントがもらえます。0歳の赤ちゃんでも5000ポイントもらえますよ。

・ポイントをもらうには、事前の手続き(3STEP)が必要 ※先着4千万人まで

→このブログでちょっと説明します

 

 

STEP1 マイナンバーカードの取得

まだマイナンバーカードを持っていない人はここから始める必要があります。

※ペラペラの紙の「マイナンバー通知カード」ではないですよ。「マイナンバーカード」は、免許証のような、写真入りの硬いカードです。

 

申請は基本的に全部オンラインでできます。詳しくは下記、総務省のサイトをご覧ください。

マイナンバーカードの取得方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

 

申請はオンラインでもできますが、受け取りは市区町村の交付窓口に行く必要があります。0歳の赤ちゃんであっても、本人が行く必要があるのでご注意を。

 

 当日の会話はこんな感じです。

 

このあと日を改めて息子たちを連れて窓口に行きましたが、ちらっと写真と顔を見比べて「はーいOKです」とマイナンバーカードを手渡してくれました。

ここで設定する4桁のパスワードは、マイナポイント予約で絶対に必要になるので忘れないようにしましょうね。どうせ子どもの分も親が手続きするので、親のパスワードと同じでも良いと思います。 (私は一応息子たちそれぞれに4桁のパスワードを決めました)

 

STEP2 マイナポイントの予約

1分でできます!

私はiPhoneユーザーですが、マイナポイントアプリのダウンロード→指示に従ってスマホでマイナンバーカードをスキャン、で終わりです。

※マイナンバーカードの上にiPhoneを載せることでスキャンできるのですが、どうもスマホにカバーをつけたままだとうまく読み取れないようです。iPhoneカバーを外すのにちょっと手間取りました笑

 

詳しくは総務省サイト:

マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

 

 

STEP3 マイナポイント申し込み

これも1分でできます。

詳しくは総務省サイト:

マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

 

キャッシュレス業者を選択する必要があります。

私はPayPayがキャンペーンをしているのでPayPayにしました。

PayPay「チャージ」と「支払い」のどちらを選ぶとよいのかちょっと悩みましたが、3月末までに2万円使い切れる自信がないので、私は「チャージ」を選択しました。

(参照:【マイナポイント】「チャージ」と「支払い」のどちらを選ぶとよいのか - PayPay よくあるご質問

 

おしまい!

 

あとは9月1日~3月31日の間に2万円分チャージすれば、5000円分のポイントをもらえます。

 

子どもの分について

私のスマホ一台で、家族全員分のマイナポイント予約を済ませました。

マイナポイントのアプリを一回ログアウトして、子どものマイナンバーカードで新たにログインするだけです。簡単です。

パスモで申し込めば2万円チャージで5000ポイントがもらえるようです(クレジットカードやLine Payだと、チャージではなく支払い決済でポイントがもらえるので、3月末までに2万円使わないといけません)。

 

おまけ:マイナンバーカードの申し込みはお早めに

ちなみに、マイナンバーカードの発行に結構時間がかかる自治体もあるようです。

 

マイナポイント還元は2020年9月1日~2021年3月31日までの買い物orチャージが対象になるので、たとえカード発行に5ヵ月かかって12月に受け取っても、とりあえずチャージしてしまえば満額受け取れそうです。

ただし、マイナポイントの公式サイトには小さく「※マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。」と書いてあります。

日経新聞の記事によると「予算は4千万人分で、予約人数が上限に達すれば申請を打ち切る」とのことなので、早めに予約しておいたほうが良いかもしれないですね。

まあ日本の人口の3分の1もこのキャンペーンを理解・賛同して申し込みまで行きつくような気がしないので、そんなに焦らなくても大丈夫かと思います。

 

 

【合わせて読みたい】

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com