おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

玄関にアルコール消毒液をおいて、保育園から帰宅したら夕飯前に入浴させて、手を洗うときは指輪を外すぞ、という話

最近の新型コロナウィルスの国内感染状況の拡大を受け、様々な情報に接しました。私は医療の専門家ではないので何かを解説するつもりはありませんが、私が「知らなかった!」「これは生活に取り入れたい!」と思ったものを備忘の意味も含めてブログで書いておきます。

 

目次

 

玄関にアルコール消毒液をおく

この「ハイリスク者」は高齢者や基礎疾患のある人とのことなので乳幼児は定義外ですが、「玄関にアルコールを置いて徹底的に手指を衛生にしてから室内にはいる」というのは実践しようと思いました。私が通勤電車でもらってくる様々なウイルスを我が子に触れさせたくないので。

ちなみに私は子どもが産まれてからはテーブルやオモチャの除菌にパストリーゼというアルコール除菌スプレーを使っているんですが、これで手も除菌しちゃおうと思っています。別途アルコール消毒液を買うのが面倒なので。

 

正しい手の洗い方(指輪を外す!)

厚生労働省のチラシがとても分かりやすかったです。

2枚目の右上に小さく「手洗いの前に時計や指輪は外しておきましょう」と書いてあります。 指輪、盲点だった…。

私は外出先では常に結婚指輪をつけていて、たまに婚約指輪やファッションリングを他の指につけることもあります。が、トイレで手を洗うときに指輪を外して失くすのが怖くて、指輪はつけたまま洗っていました。そして懺悔の意味も込めて白状しますが、結婚指輪に埋め込まれている小さなダイヤモンドに石けんカスが付着するのが嫌で、指輪には石けんがつかないように洗っていました。ごめんなさい。

今後は指輪を外して手洗いします…むしろ冬場は家の外には大事な指輪をつけないでいこうかしら(外して失くすのが怖いから)などと思っています。感染症が怖い時期は、指輪が無いほうが「手洗い→しっかり乾燥→ハンドクリーム」の流れをスムーズにできそうです。

たまに女子トイレで他の人の手洗いを観察すると、やはり指輪を濡らしたくないのか指先だけをちょちょいっと洗う人や、指輪を外して口にくわえて手洗いする人もいます。口にくわえるのは感染症対策的には良くなさそうだなと思います。

あと、①手洗いは30秒~1分かけること、②しっかり乾燥させること、も重要なようです(参照)。

 

そして、私は電車内でスマホもPCも触るので、スマホにもPCにも色んなものがついているだろうと思います。例えば夜、①洗い物をする→②PCで仕事する/スマホを触る→③乾いた食器を食器棚にしまうという手順になることが多いのですが、乾いた食器に触る前に「手を洗う」ようにしようと思いました。

 

目をかかない

最近、花粉のせいか目がかゆいことがあるんですが、どんなにかゆくても手で目をかかないように気をつけます…。

 感染対策としてもっとも重要なことは手の清潔です。マスクを着用していてもウイルスで汚染した手指で目、鼻、口などに触るとこれらの粘膜から感染する可能性があります。不用意に口や鼻、目を触らないように注意しましょう。

(引用:日本感染症学会、一般市民向け 新型コロナウイルス感染症に対する注意事項

特に電車内でつり革をつかんだ手で、ふっと目をかきそうになるので本当に気をつけます。新型コロナウイルス限定ではなく、あらゆる感染を防ぐ意味で、「目に触らない」は徹底したいです。

 

保育園から帰宅したら夕飯前にまずお風呂(悩み中)

これは出典を忘れました。すいません。保育園から帰宅したらご飯の前にまずお風呂にはいることで、手洗いでは落としきれない菌やウイルスを流せる、という話です。

確かに1歳次男は保育園の床をごろごろ転がって遊んでいるし、鼻水が出たお友達に頭をなでられてたりしているので、全身にいろんなものがついているんだろうなと思います。そして1歳次男はご飯を食べている途中で自分の頭を触ってしまいがちです。

私はこれまで帰宅したら手洗い→夕飯→お風呂→寝かしつけ、という手順にしていましたが、お風呂→夕飯→寝かしつけ、という手順にすべきか…と悩んでいます。ただ、特に1歳次男は食べこぼしがひどいので夕飯後は再度シャワーしたくなりそうです。お風呂→夕飯→シャワー→寝かしつけ…うーん、めんどくさい…。

これはもうちょっと考えます。

 

まとめ

まとまらないブログですいません。新型肺炎がこれ以上広がらないことを願っています。

個人としては、怖がり過ぎず、手洗い・うがい、人込みを避ける(なるべく満員電車に乗らない)、きちんと睡眠と食事をとる、などの基本的なことをしていこうと思います。

 

【合わせて読みたい】

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com