おたまの日記

都内で働く二児の母(東大法学部卒)が、子育てしながら考えたことや読んだ本、お勧めしたいことを書いてます。

娘に、息子に、痴漢についてどう伝えるか

痴漢について2つのブログ記事を書きました

痴漢についての本を読んだことをきっかけに、自分の痴漢被害経験について色々書きました。

本『男が痴漢になる理由』はとてもオススメです。

www.shiratamaotama.com

 

また、痴漢被害についてあまり考えたことがない…という男性の方には下記が参考になるかもしれません。

www.shiratamaotama.com

 

友人たちからのコメント

さて、このふたつのブログ記事を読んだ友人たちから、様々なコメントを頂きました。

・(主に女性の友人から)共感する。よくぞ書いてくれた

・(主に男性の友人から)こんなに頻繁に痴漢被害を受けている人がいるとは知らなかった

などなど。

 

そして、

・もし、おたまに娘がいたら、娘が痴漢被害にあわないためにどんなことに気を付ける?

・息子さんたちが、痴漢の被害者/加害者にならないために、どんなことに気を付ける?

という質問ももらいました。

 

娘がいたら、痴漢についてどう伝えるか

本来なら痴漢にあったら泣き寝入りしないで声をあげなさい、通報しなさい、と教えるべきなんだろうと思います。『男が痴漢になる理由』にも書いてありましたが、痴漢は依存症なので、逮捕されて専門治療につながらない限り、痴漢はやめられないようです(示談で済ませるのもダメ)。社会全体としては、痴漢行為に気づいたら、被害者も目撃者も通報して逮捕&治療につなげるべきなんだろうと思います。

ただ、私が「自分に娘がいたら」という前提で真剣に考えた結果、自分の娘に対してはこの理想を言えないだろうな、という結論になりました。

声を出すとしたら、「やめてください」「さわりましたよね」「次の駅でおりてください」「駅員さんのところにいきますか」のようなセリフでした。ただ、「やめてください」といった場合の加害者の反応は「何言ってるんだ、ふざけるな」「何もしてないのに言いがかりだ」という感じですし、周囲も特に助けてはくれないことが多かったので、こうした発言は結構勇気がいります。それでも頑張ったことはあります。

痴漢について個人的に思い出すこと、思うこと - おたまの日記

痴漢被害者が「やめてください」と声をあげるのはかなり勇気がいることですが、私個人の経験に限って言えば、「やめてください」と声をあげて良かったと思ったことは一度もありません。「やめてください」と言われて「はいどうもすいませんでした」という痴漢はいません。捕まりたくないから否定するし、「抵抗してこなさそうな女」と思っていた相手が声をあげることに怒りを感じることもあるようです。見下していた相手に反撃されるとプライドが傷つくんですかね。

さらに、女性専用車両のきっかけになった地下鉄御堂筋事件(痴漢行為を注意された逆恨みで女性を強姦)や痴漢に突き飛ばされてケガをした被害者女性のニュースなどを見ると、痴漢行為を注意すること自体にリスクを感じてしまいます。

結局、私個人としては通勤時間帯の電車に乗る際は女性専用車に乗ることで、電車内の痴漢にはほぼ合わなくなりました。

もし私に娘がいたら…まずはなるべく混む時間帯の電車にひとりで乗らなくて済むようにしたいです。そして、どうしても乗る必要がある場合には、女性専用車に乗るように伝えます。

あとは電車内外で遭遇しうる痴漢被害の話をして、

①こういうシチュエーションには気を付けてね、でも

②万が一被害にあっても被害者は絶対に悪くないよ、だから

③もしそういうことがあったらお母さんには教えてね。お母さんはあなたを責めないし、通報するなり今後の対応を考えるなり、ひとりで悩まないで大人に相談した方が良いよ。お母さんに言いたくなかったら保健室の先生でも良いからとにかく大人に言うんだよ。

④痴漢にあったとして、その場で痴漢に注意しようとか、痴漢を捕まえようとか、未成年のうちはしないでほしい。それは正しい行為だけど、反撃されたり逆恨みされるリスクがある。お母さんはあなたを失うのが怖いから、正しい行為だけど、してほしくないと思っている。

と伝えるかなと思います。

なお痴漢撃退のために安全ピンを持ち歩きたくなる気持ちはとてもよく分かりますが、万が一安全ピンで攻撃した相手が逆上したら大変なことになりそうなので、どうかやめてほしいと思います。

 

警察に行くときは父親が同行する

そして娘が痴漢被害を受けて警察に行くとしたら、私だけでなく夫も同行してもらうと思います。警察すべてがどうこう言うつもりはありませんが、女性をなめているタイプの警察官は存在するので、万が一にも娘が警察で二次被害を受けないためには、スーツをきた父親が同行する、というのがもっとも安全かなと思っています。

公的機関の窓口等では、とかく女はナメられやすいという話にエピソード続々「これはマジな話」「役所だけじゃない」 - Togetter

 

架空の娘について真剣に心配してしまいました。

 

息子について

男性でも子どもの頃に痴漢被害にあった人を何人か知っています。ショックだっただろうなと思います。息子たちにも、「水着で隠れる部分は他の人に触らせない」など、基本的なことは教えないといけないなと思っています。

女性専用車は小学生以下のお子様も利用できるとアナウンスがあるので、もし息子が小学生のうちにひとりで電車に乗らないといけないとしたら女性専用車に乗ってくれたほうが母親としては安心ですが、小学生男子にもプライドがあるので、なかなか難しいのかなと思います。

とりあえず息子に伝えたいことは下記の通りです。

①男でも痴漢にあうことがあるんだよ(加害者は女性かもしれないし男性かもしれない)

②こういうシチュエーションには気を付けてね

③でも、万が一被害にあっても、被害者は絶対に悪くないよ。だから

④もしそういうことがあったらお母さんには教えてね。お母さんはあなたを責めないし、通報するなり今後の対応を考えるなり、ひとりで悩まないで大人に相談した方が良いよ。お母さんに言いたくなかったら保健室の先生でも良いからとにかく大人に言うんだよ。

⑤痴漢にあったとして、その場で痴漢に注意しようとか、痴漢を捕まえようとか、未成年のうちはしないでほしい。それは正しい行為だけど、反撃されたり逆恨みされるリスクがある。お母さんはあなたを失うのが怖いから、正しい行為だけど、してほしくないと思っている。

 

そして、

⑥痴漢加害者の99%が男性で、あなたが男性だから、あなたに加害者になってほしくない、という趣旨でお母さんの痴漢被害経験を少し教えます。どんなことをされて、どんなことを思ったか。

⑦明確な合意なく人に触るということは、(痴漢だけでなく、どんな文脈でも)人をすごく傷つけることがあるから、自分勝手な推測でOKだと思ってはいけないよ。

⑧もしあなたが性犯罪の加害者になったとしたら、お母さんは示談にせずに専門治療につなげるのが親の義務だと思っているよ

というのを、子どもの年齢や成長を見ながらいつかは伝えたいなと思います。

 

 【合わせて読みたい】

www.shiratamaotama.com

www.shiratamaotama.com